本文へスキップ


 今泉台町内会ホームページへ
 ようこそ!!

  




 おもしろクラブ
             

 詳細を読まれたい方は、  ボタンをクリックしてください



 
2018年(平成30年)実施イベント詳細

12/1日(土) 今小おもしろクラブ秋の野外観察教室:”六国見山ハイク”が開催されました。



11月25日(日)いずみサロンでおもしろクラブお話会"地球温暖化"が開催されま   した。



11月17日(土)16時30分より吉ガ沢公園でおもしろクラブ"星の観察会"が開催   されました。



11月14日(水)今小おもしろクラブ講座"色々なコマを作ろう"・"レモン電池を   作ろう"・"水曜囲碁講座"がそれぞれ開催されました。



11月3日(土)今小おもしろクラブ講座"土曜囲碁教室"と"土曜お絵描き教室"が開催されました。


10月21日(日)18時より吉ガ沢公園でおもしろクラブ"星の観察会"が開催されました。


10月10日(水)今小おもしろクラブ講座"草木あそび"と"百人一首で遊ぼう"が開催されました。


10月6日(土)今小おもしろクラブ講座"秋の散策:散在ガ池周辺"が開催されました。

9月22日(土)17時30分~20時まで吉ガ沢公園でおもしろクラブ星の観察会が開催されました。


9月12日 今小おもしろクラブ講座"大工道具を使ってみよう"と"紙飛行機を作ろう"と"水曜囲碁教室"が開催されました。



9月1日(土)今小おもしろクラブ講座"土曜囲碁教室"と"季節の絵(初秋の絵)教室"が開催されました。



8月29日今小おもしろクラブ講座"ギロギロレインボーで遊ぼう"と"紙芝居を見よう!作ろう!"が開催されました。



8月18日(土)18時から20時30分くらいまで吉ガ沢公園でおもしろクラブ星の観察会が開催されました。



8月4日(土)、5日(日)、吉ガ沢公園で行はれた町内会夏祭りにおもしろクラブ星の観察会ブースを出しました。



7月24日(火)13時30分~15時30分くらいまでみらいずみ工房にて
おもしろクラブお話会"鎌倉海岸で宝探し、漂着物を楽しもう"(ビーチコーミングが副題)が開催されました。



7月21日(土)19時~21時頃まで吉ガ沢公園で"おもしろクラブ星の観察会"が開催されました。



7月7日(土)今小おもしろクラブ”土曜囲碁講座”と”土曜お絵描き『夏の絵』"
講座が開催されました。



7月4日(水)今小放課後おもしろクラブ講座”ぼんぼりを作ろう!”、”地球の歴史辞典を作ろう!”、”水曜囲碁!”が開催されました。



6月13日(水)今小おもしクラブ講座"海岸に流れて来るものを知ろう!"と"トランプで遊ぼう"が開催されました。



6月9日(土)今小おもしろクラブ講座「夏の自然観察"六国見山散策"」が開催されました。



5月17日(木)おもしろクラブお話し会「天保水滸伝の世界」が開催されました。


3月28日(水)おもしろクラブお話し会「歩き遍路は何かを変えてくれる」がみらいずみ工房にて開催されました。



3月10日(土)今小おもしろクラブ講座"土曜囲碁教室""と"土曜アート教室"が開催されました。今回の教室が平成29年度の最後の教室となります。



2月28日(水)おもしろクラブお話し会"「笑い」のあれこれ"が開催されました。



2月24日(土)今小おもしろクラブ「早春の野外観察会:六国見山ハイク」が開催されました。 



2月14日(水)今小おもしろクラブ講座「数を使って遊ぼう」と「お絵描き教室」が開催されました。
  


1月31日(水)(20:15~23:10)吉が沢公園にて星の観察会"月蝕観察会"が開催されました。
 


1月27日(土)(17:30~19:00)吉が沢公園にて星の観察会が開催されました。



1月27日(土)今小おもしろクラブ土曜"囲碁教室"と"アート講座"が開催されました。


1月17日(水)今小おもしろクラブ講座「紙飛行機をつくろう!」、「数のパズルをしよう!」、「水曜囲碁教室」がそれぞれ開催されました。



 



17年(平成29年)実済みのイベント


・1月11日(水)今小おもしろクラブ講座”紙飛行機”,”算数”,”囲碁”教室が開催さ  れました。
・1月28日(土)今小おもしろクラブ講座"お絵描き""囲碁"教室が開催されました。
・1月31日(火)今年第一回のおもしろクラブお話会が開催されました。
・2月15日(水)今小おもしろクラブ講座”算数”、”お絵描き”教室が開催されました
・2月24日(金)おもしろクラブお話し会"森の石松と三十石舟"が開催されました。
・2月25日(土)今小おもしろクラブ講座"春の野外観察会"が開催されました。
・3月1日(水)今小おもしろクラブ講座”算数教室”、俳句教室”、”囲碁教室”が開  催されました。
・3月11日(土)今年度最後の今小おもしろクラブ講座"お絵描き"、"囲碁"教室が開催  されました。
・3月22日(水)おもしろクラブお話し会「技術の歩みと展望」が開催されました。
・6月14日(水)平成29年度今小おもしろクラブ講座スタート。「トランプで遊ぼう」  と「俳句教室」が開催されました

・6月21日(水)おもしろクラブお話会「ふくろうに魅せられた男」が開催されました。
・6月24日(土)今小おもしろクラブ講座(野外散策)夏編が開催されました。
・7月5日(水)13時30分~15時まで 今小おもしろクラブ講座:”折り紙でぼんぼ りを作ろう”、”樹名板を作ろう”、”囲碁教室”、3講座ガ開催されました。
・7月8日9今小おもしろクラブ土曜囲碁講座と土曜アート講座が開催されました。  
7月26日(水)おもしろクラブお 話会『紙芝居(稲むらの火)』が開催されました。
・8月30日(水)今小おもしろクラブ講座『顕微鏡で探そう!』と『音の出るものを作ろ う』が開催されました。
・9日9月(土)今小おもしろクラブ講座”囲碁”と”アート教室”が開催されました。
9月13日(水)今小おもしろクラブ講座『木片アートーを作ろう』、『ヘリコプター を作ろう』、『水曜囲碁講座』が開催されました。
9月29日(金)おもしろクラブお話し会「運命の漂流で時代を超えた~ジョン万次郎」 が開催されました。
・10月11日(水)今小おもしろクラブ講座「ギロギロレインボー作り」と「百人一首 で遊ぼう」が開催されました。
・10月28日(土)今小おもしろクラブ秋の野外観察会が開催されました。
・11月2日(木)おもしろクラブお話会「病と向き合う」が開催されました。
・11月8日(水)今小おもしろクラブ講座 「レモン電池を作ろう」、「ススキのバレ リーナを作ろう」、「水曜囲碁」が開催されました。
・11月25日(土)今小おもしろクラブ土曜"囲碁教室"と"アート講座"が開催されました
・11月27日(月)おもしろクラブお話し会:三林輝夫さん「日本の名歌を訪ねて」が開 催されました。
・12月2日(土)今小おもしろ冬の野外観察会:散在ガ池公園ハイクが開催されました。
・12月7日(木)今小おもしろクラブ講座「バランスとんぼを作ろう」&「百人一首を楽 しもう」が開催されました。





 “おもしろクラブ”について。 

1: この地域には各分野で経験豊かな方々が大勢おられます。長年積み上げられた知的資源を少しでも地域の方々が共有したり、子供たちに刺激を与えることが出来たらとの思いでサークル“おもしろクラブ”を立ち上げることと致しました。
 サークルメンバーがお互い話題を提供しながら一種の井戸端会議(サロンとしゃれて言ってもよい!)を通して会員同士の交流の場を持ち、地域の活性化に寄与したいと思っております。 (当面自然科学系の話題を中心に井戸端会議を始めたいと思いますが、将来は文系、芸術系にも範囲を広げていく予定です。)

2: 当初子供たちや地域の方々に自然科学やその他の分野への興味を少しでも持ってもらうきっかけになればとの思いで、“おもしろ理科教室”、“おもしろ自然観察教室”、“おもしろ算数教室”等々のイベントを企画実施してきましたが、昨年鎌倉市教育委員会が文部省の声賭けで進めている放課後の子供の居場所作りを目的とした”放課後子供プラン”の推進モデル校に今泉小学校が指定された折に”おもしろクラブ”が全面的に支援する機会を得ました。昨年の6月から今泉小学校で月一回”おもしろクラブ講座”を開催して参りましたが軌道に乗りつつあります。2015年は文系のカリキュラムも取り入れるよう要請されております。

3:上記子供プランとは別に大人も楽しみたいとの思いで 毎月一回程度定期的に”おもしろクラブお話会”、”自然観察会”、”星の観察会””季節の野草を楽しむ会””茸の観察会”、等々地域のみんなが参加できワイワイガヤガヤと楽しく交流できるようなイベントを企画実施しております。

4:会員は公募とします。趣旨ご賛同の方のご参加をお待ちしております。また各種イベント実施に当たってサポーターも歓迎いたします。


              代 表:加 藤  亮一      (44-6856)                   
              事務局:御法川  齊      (45-0262)


 







 1月17日(水)今小おもしろクラブ講座「紙飛行機をつくろう!」、「数のパズルをしよう!」、「水曜囲碁教室」がそれぞれ開催されました。       
                                        当日は3講座同時進行でした。
1)体育館の1,2年生向けハンドメイドコース"紙飛行機をつくろう"には35名が参加し加藤講師、柴崎、長浜、根本サポーター、ボランティアサークル"寺子屋"所属の大学生1名の指導の下で紙飛行機を作って飛ばすことを体験しました。紙飛行機は割り箸を胴体にしてケント紙を切り抜いた翼をセメダインで接着したグライダー状のもので輪ゴムで打ち上げ飛ばすというもので1,2年生の子どもたちにとってはやや荷の重いテーマでありましたが皆がんばって最後まで作り上げ飛ばすところまでたどり着きました。輪ゴムで発進させるのには少々コツも必要ですが何回かやっているうちにそれをのみこみ上手に発進させる子も出てきました。わいわいがやがやと楽しみながら物作りの難しさと出来たときの喜びを体験できた講座でした。
  
 

 

完成した紙飛行機の出来栄えを観て貰う子ども
 

   さあ~高く、遠くに飛ばそう!!

 
 
2)一方、多目的教室の3~6年生向けサイエンスコース"数のパズルをしよう"には31名の多数が参加し浅見講師、山田、村上、川原、御法川サポーターのもとで行われた。全部で4アイテム。たし算迷路、9マス迷路の加減乗除計算~此処までは易し目だったかな、直ぐ出来る子も居てビックリ。此処からが難問で小町算は+ -のどちらかを入れて100になる様にする、簡単そうで意外に迷う子が多かった。最後の講師工夫の四則計算パズル!1~6の数字を入れて36マスを完成するナンプレで大人にも難しい。講師の説明を聞いて始めても穴埋めの要領が呑み込めず、イライラする子どもも居たが1人ずつ丹念に教えると自力で出来るようになり歓声も挙がる。手順に従って忍耐強く考える大切さを学びました。

3)また恒例の水曜囲碁教室は和室で吉野講師ほかで今回から試しに将棋も始めました。
黒石、白石を皆で代わりばんこに打ちながら講師の指導を受けました。

 

 

  静かに数遊びに熱中する子ども達
 

   囲碁の指導を受ける子ども


 
                                                                   (加藤、御法川 記)



 1月27日(土)今小おもしろクラブ土曜"囲碁教室"と"アート講座"が開催されました。

 囲碁教室(9:00~10:30)はいつものようにしづかな雰囲気の中で講師の面々の丁寧な指導の下こどもたちが真剣に局面に取り組んでいました。前回からはじめた将棋も大人気で将棋ブームを感じさせました。

  

  囲碁・将棋に熱心に取り組む。

 アート講座(10:40~12:10)は世界各国の民芸人形をモチーフにオイルパステルで絵を描くというものでした。大きく書かれた世界地図に国旗を貼り付け国の場所を確かめながら講師が用意した民芸人形たちをそれぞれ好きなものを選んで手元にもって行きそれを描きました。子どもたちは世界に一枚だけの自分の絵を書き上げることに集中しておりました。

  

     人形の絵に取り組む         講師と子どもたちの作品
    
                               (加藤 記)


 1月27日(土)(17:30~19:00)吉が沢公園にて星の観察会が開催されました。

 当日は朝から晴れ渡り絶好の星の観察会日和でした。くわえて今年の天文ビッグショウの一つアルデバラン(おうし座の一等星)が月齢11日の月に接するほど接近するところが見られそうで期待は大きく膨らみました。(観察地が北海道の場合完全に月に隠れる。アルデバラン蝕という現象)5時半すぎから直径10センチの反射望遠鏡と500ミリの望遠カメラで綺麗な月と月に接近するアルデバランを捉えることが出来ました。数日前に降った雪が消え残っているような寒い日でしたが数組の子どもずれのかたや立ち寄ってくださった方々に天文ショウを見てもらうことが出来ました。ついでにオリオン座の大星雲や肉眼では見えない小さな星星の美しい姿を見てもらうことも出来ました。こんご一月に一回程度の頻度で星の観察会を開催していきたいと思います。皆様是非お立ち寄りください。

 

     空を見上げる観察者      月に接近するアルデバラン(見えるかな?)     

                             (加藤 記)


  1月31日(水)(20:15~23:10)吉が沢公園にて星の観察会"月蝕観察会"が開催されました

 1月31日は皆既月蝕を目玉とする星の観察会が予定されておりました。
天気予報では午後から雲が多くなり月の観察はほぼ諦めざるを得ない状況でした
ところが夕方からうす雲はあるものの綺麗な満月が現れました。8時過ぎに吉ガ沢公園に機材(・10センチ口径反射望遠鏡、・7センチ口径屈折望遠鏡、・500ミリ望遠カメラ)を展開。
 8時15分ころになると観望者もぼちぼち集まり"蝕"の始まるころは30人弱の観望者でにぎわいました。
(今までの星の観察会で一番観望者が多かったように思います)
当日の雰囲気と月の映像をご覧ください。

 

       防寒対策十分の観望者

   

       皆既月蝕の記録   



8時40分ころから月が完全に隠れる10時20分ころまでの約1時間30分を4コマの写真にしてみました。なお次にこのような皆既月蝕が見られるのは今年の7月28日ですがこのときは午前5時22分で条件があまりよくないといわれております。


                            ( 加藤 記)




 2月14日(水)今小おもしろクラブ講座「数を使って遊ぼう」と「お絵描き教室」が開催されました

 多目的室では1,2年生対象にプレサイエンス講座として「数を使って遊ぼう」が開催されました。文章で四則演算を記述した計算問題、四則をいくつか組み合わせた計算問題、数を使ったパズル等々浅見講師の指導の下子どもたちは熱心に取り組んでおりました。答えあわせで大きな花丸をもらってはしゃぐこどもたちや、課題を全部終わってまだ課題がないの!?とせがむ子どもたちなど楽しく数に親しむ時間を持てました。

   
    
    課題に取り組む子どもたち         答え合わせで花丸を??


 一方和室では1年生から6年生までを対象にお絵描き教室が開催されました。
本日の題材は、机の上に置かれた「洋館」の小さな模型。
暫し洋館の模型をワイワイ見ていた子どもたちは、次第に物語を作り出します。
「お花畑の中に洋館があって・・」「土の中の迷路を抜けると洋館があって・・」
「洋館の上の空にクラゲが浮遊していて・・」
真っ白の画用紙に、水性・油性クレヨン、マジックマーカーを使って、洋館から広がる子どもたちの世界が自由に表現されていきました。

     

    みんな楽しくお絵描き!!          夢ふくらむ作品

                          (一ノ瀬・加藤  記)


 2月24日(土)今小おもしろクラブ「早春の野外観察会:六国見山ハイク」が開催されました。

 2月24日(土)9:30薄曇りの中、吉ガ沢公園に集まった親子連れ25名。村上さんの指導で準備体操後、長浜リーダー、吉野、柴崎、根本、村上&教委2名が案内しました。山ノ内登山口から山道に入り、途中で左に折れて高野の野菜畑から山頂に登り、20分程休憩して大船方面に下り岩瀬中の脇を通り、11:45頃ふれあいのいずみの近くで解散しました。その間、歩きながら長浜さん、根本さんから恒例の動植物等の説明が懇切丁寧にあり皆さま満足げに聴き入っていました。また長浜さんより4月1日(日)はおもしろ教室とは関係なく"散在ガ池公園の春の草花観察会"を実施する予定との話がありました。

                             (柴崎  記)


 2月28日(水)おもしろクラブお話し会"「笑い」のあれこれ"が開催されました
                     講師は町内在住の山田敏之さん。

 日頃無意識に色々な笑いを体現しながらあまり深く考えることのない笑いについてその多様性、笑いの本質究明に関わる歴史的哲学的考察、生理学的考察、脳科学的考察、心理学的考察等々きわめて幅の広い分野の考察を具体例を挙げて体系立てて解説され30名ほどの聴衆は話しに引き込まれていきました。話の後半は落語、漫才、等の録画で笑いの具体例も紹介され硬軟密度の高いひと時をすごすことが出来ました。

    

     講師の絶妙な解説           話しに聞き入る聴衆   

                        (御法川・加藤  写真、記事)



 3月10日(土)今小おもしろクラブ講座"土曜囲碁教室""と"土曜アート教室"が開催されました。今回の教室が平成29年度の最後の教室となります。

 囲碁教室は9時から10時30分まで多目的室でいつもにように静かな雰囲気の中で囲碁クラブの方々の丁寧な指導のもと子どもたちは集中して局面に取り組みました。教室が終わった後も机のうえの片付けがきちんとできるようになりました。

    
    終わった後の机の上      こんな説明書も用意されている


 アート教室は10時40分から12時10分までおなじく多目的室で行われました。本日の課題は1枚の紙を折って作った8ページの小冊子に絵と文字で世界に一つの自分だけの絵本を作るというもの。川原講師の指導のもと子どもたちはしばし黙考!やがてそれぞれの絵本を仕上げていきました。作品はどれも新鮮で魅力あるものが出来上がりました。あらためて子どもたちの潜在能力に関心させられるとともにこのままこの能力を伸ばしていってもらいたいと強く感じさせる講座になりました。

   
   課題の説明を聞く子どもたち          作品の数々         


                            (加藤  記)




 3月28日(水)おもしろクラブお話し会「歩き遍路は何かを変えてくれる」が開催   されました。話し手は2度の四国遍路の体験を持つ今泉在住の花本孔史さん
 
 遍路の歴史的背景から実際に遍路に出かける際に必要な装備品の紹介、仏具、小道具、装束の持つ意味等々興味を引かれる話し多数。また遍路に出かける人々に共通する背景等々、お接待の風習、それに頼って生きなければならなかった人々の存在、いろいろな宿の紹介等々多角的切り口で遍路の全体像を彷彿させるひと時でした。最後に"40日以上歩き続けると身の回りのものは必要最少限のものとなる。この、物に頼らない日々を続けると、遍路と云う体一つの非日常が日常の生活として定着し、このままどこまでも歩いて行けるように思えて来る。"という感慨が紹介され、さらに無意識の源泉の剥離と云う遍路の眞の効用に話が及び聴衆の心に届いたお話し会となりました。

   
      菅笠姿で装束の説明           聞き入る聴衆
  
  
                         (加藤  記)
 。


 5月17日(木)おもしろクラブお話し会「天保水滸伝の世界」が開催されました。  話し手は今泉台在住の望月泉男さん。

 江戸天保の頃の社会構造、利根川を中心にした下総(今の千葉県北部)の物流、等を地図入りで鳥瞰して所謂侠客が発生する背景を分かりやすく面白く解説され、聴衆を天保水滸伝の世界へといざなっていただきました。年配の方々にはおなじみの大利根の決闘の実像、その後の飯岡の助五郎、笹川の繁蔵の消息、平手造酒の最後等々興味の尽きぬ話にあっという間に時間が過ぎていきました。
座頭市(飯岡の助五郎の客人とされる)も実在の人物で 長寿を全うし会津若松で亡くなったとのこと、なにやら人間くさい感じの話も添えられました。

    
     時代背景を語る講師         助五郎と繁蔵の対比データ   

                            (加藤  記)



                          

 6月9日(土)今小おもしろクラブ講座「夏の自然観察"六国見山散策"」が開催されました。

 天気が危ぶまれておりましたが幸い朝から強い日差しに恵まれ、17組の子どもと保護者、おもしろクラブスタッフ7名、教育委員会スタッフ2名が町内会館前に9時30分に集合。準備体操の後六国見山へ向かいました。前夜の雨で足元が多少悪いところもありましたが子どもも大人も元気いっぱい!!道すがら講師からの草木についての解説があり大人も子どもも興味深々!身近にこんな素晴らしい自然があることにあらためて気づかされた自然観察会となりました。

   
       出発前の準備体操        道すがら木苺でオヤツタイム?  

   
      六国見山展望台到着!         自然を満喫して帰路へ


                           (加藤 記)


 6月13日(水)今小おもしクラブ講座"海岸に流れて来るものを知ろう!"と"トランプで遊ぼう"が開催されました。                   
                                         6/13(水)は掲題の2講座が同時進行であった。
 和室での1~6年生向けカルチャーコース"海岸に流れて来るものを知ろう!"には29名が参加し山ノ内の山田海人講師の下、田中和作、加藤、長浜、御法川サポーターでの鎌倉の海についての興味深いお話があった。三浦半島から伊豆半島までの100数十キロの海岸のなかで打ち寄せる海草の75パーセントが由比ガ浜海岸に打ち寄せていること、材木座和歌江島では今でも鎌倉時代宋から運ばれた磁器のかけらが見つかること、崎陽軒のシュウマイ弁当についているひょうたん型の醤油入れが各種見つかること、その中には横山隆一のフクちゃんを題材にしたものがあること、流れ着いたガラス瓶が乾かすと銀色に光ること、等々話はつきませんでした。最後に滑川河口でさくら貝がよく採取されたがいまはほとんどいなくなってしまったことが紹介され山田さんの奥様雅子さんの指導でみんなでさくら貝の歌を歌いました。海岸に打ち寄せる漂流物を採取していろいろなことを読み取るビーチコーミングの手ほどきと言ったところでしたがやや子どもたちには荷が重かった面もありましたがよい刺激になった講座でした。
  
  
 一方、多目的教室での1~2年生向けプレサイエンスコース"トランプで遊ぼう"には24名が参加し浅見講師、吉野、村上、柴崎、根本サポーターのもと6人ずつ4テーブルに分れて先ずは「ボンド・ゲーム」。まず各自に7枚のトランプを配りその中から自分の集めるカードの種類、例えばハートを決めます。自分に必要のないカードを左隣の人に何枚かを皆が一斉同時に渡し、自分も右隣の人から何枚かをもらって手元のカードが全部同じマークに揃った人がアイム・ボンドと叫び勝ち名乗りを上げます。トランプゲームが初めての子には最初は要領が呑み込めずイライラする子どもも居ましたが、教えると自力で出来るようになり面白かったようです。次いで7並べも行いました。

      

    山田講師ご夫妻の熱演      田中和作サポーターも標本を展示  


  

   トランプゲームを楽しむ!  
 
                       (加藤、柴崎、御法川 記)



 7月4日(水)今小放課後おもしろクラブ講座”ぼんぼりを作ろう!”、”地球の歴史辞典を作ろう!”、”水曜囲碁!”が開催されました。       
                                         当日は3講座同時進行であった。
1)多目的室の1,2年生向けハンドメイドコース"折り紙でぼんぼりを作ろう!"には30名が参加し浅見講師、柴崎、村上、御法川サポーターの下で行われた。先ず講師から折り紙の基本は正確にキチンと折り目を付ける事です、と見本で1つの編み笠の作り方をステップを踏んで説明した後、一斉にスタート。でも小さな子供には正確に折り目を付けることが難しく(大人も難しいなあ~影の声)難航し思ったようには行かない。ヤット完成すると歓声!更に2つ目は~~6ケ作るのは至難の業らしく講師の手を借りながらヤット完成した子も居たが殆どは出来ずに家に持ち帰りお母さんと一緒に作って下さいね!と諭した。でも途中で丁寧に教え、逆に子どもから教えて貰うと喜んで、"楽しかった"と言われた時にはサポーターの気持ちも救われた次第でした。
 
2)一方、和室の3~6年生向けサイエンスコース"地球の歴史辞典を作ろう!"には33名の多数が参加し長浜講師、加藤サポーターの下で。全8ページの自分だけの地球の歴史辞典作りに挑みました!はじめに地球創造の46億年前から現在までを1年間に例えると大きな地殻変動や酸素が発生し地球を覆った時期などが何月くらいに相当するかという話をプロジェクター画面で説明。現代の人間の文化が発生したのが12月31日の午後11時59分頃だという説明にみんなびっくり!そのあと講師があらかじめ印刷しておいた16ページ分の用紙で自分専用の地球の歴史辞典を作り、それぞれ思い思いのイラストや創造図を書き入れ、最後に今日の日付と自分の名前を書いて完成させました。地球創造からの時間感覚や宇宙感を手作業を通して考えさせるユニークな講座となりました。


3)また恒例の水曜囲碁教室は全学年対象で26名が参加しました。 今年から場所が廊下使用となり、また将棋もできることになりましたが13面の囲碁盤、将棋盤に向かって二人ずつすわりゲームを楽しむ姿は壮観でした。全く初めての児童も多数いましたが、囲碁では陣地が生きているかどうかということ、将棋では駒がどこへ動けるかを学びました。

   
  ぼんぼり作りに奮闘する     歴史辞典作り     囲碁、将棋を楽しむ


                          (加藤、吉野、御法川 記)



 7月7日(土)今小おもしろクラブ”土曜囲碁講座”と”土曜お絵描き『夏の絵』"
講座が開催されました


9時15分~10時30分まで多目的室でいつものように囲碁クラブの面々の丁寧な指導の下、静かに子どもたちは囲碁の雰囲気を満喫しておりました。
   
       囲碁講座風景

 これに引き続き10時40分~11時55分まで同じく多目的室で土曜お絵描き講座"夏の絵"編が開催されました。参加者17名とやや欠席が多かったのですが杉谷講師の工夫を凝らした指導や田中、村上、加藤、サポーターの世話のもと子どもたちは次第に夏の絵の世界に没入!!それぞれ個性ある作品を仕上げておりました。出来上がった絵を並べた中心部に模型の列車が走るという、夏、故郷へのたびを連想させる演出が子どもたちに大いに受け、あっという間に楽しい時間が過ぎていきました。

      
     講師の指導に聞き入る          何故か電車が走る!!

    
       みんなの力作            自分の作品に見入る!!
 
                             (加藤 記)    

                       



 7月21日(土)19時~21時頃まで吉ガ沢公園で"おもしろクラブ星の観察会"が開催されました
 
 今回は過去最大の賑わいの星の観察会となりました
当日はうす雲はあるもののまずまずの空模様!月齢8日の月と金星、木星、土星、火星、と惑星の主だったスターが勢ぞろい。星の観察会始まって以来の大勢の観望者が訪れてくれました(子ども会の方々へのお声がけを頂いた効果か?)
まず生で見る月の美しさに感嘆の声が上がり、始めて見る木星の衛星に興味深々、土星の輪にカワイーの声、8時過ぎに東南の空に上がってきた火星はうす雲にさえぎられて迫力なし!それでもなんとか姿は見ることが出来ました。夏の大三角形はどこ?アンタレスはどこ?等々いろいろな質問が飛び交い星の観察宿題シートを持ち込む親子等々賑やかに楽しく、宇宙におもいをはせるひと時を楽しみました。

   
        三々五々集まった観望者       初めて望遠鏡を覗き込む!!

                          (長浜・加藤 記)   



 7月24日(火)13時30分~15時30分くらいまでみらいずみ工房にて
おもしろクラブお話会"鎌倉海岸で宝探し、漂着物を楽しもう"(ビーチコーミングが副題)が開催されました。

 講師は山ノ内在住の山田海人さんとご夫人の雅子さん。

 自己紹介を兼ねたわが国の潜水技術の開発の歩みから鎌倉の海へと話しが進み、神奈川県の150キロに及ぶ海岸線の中で、海草の打ち上げの75%は鎌倉の海岸に打ちあがるなどなど興味津々の話が展開しました。
 今でも和歌江島で宋の磁器のかけらが拾えるとか、銀化ビンが拾えるとか、各種動物の骨や、昔の灯明皿などなど、実際に蒐集したものを手にとって見せていただきました。また滑川河口の桜貝に話が及んだ際にはみんなで桜貝のうたをうたうと言う一幕もありました。昔滑川河口に鶴が丘八幡の1の鳥居が海中にあった話にも興味をそそられました。いずれにしても鎌倉を愛する心が伝わってくるお話し会となりました。

    
         講師の話に耳をかたむける。



                         (加藤・記)

 8月4日(土)、5日(日)、吉ガ沢公園で行はれた町内会夏祭りにおもしろクラブ星の観察会ブースを出しました。

 両日ともうす雲はあるものの今回観察の目玉である金星、木星、土星を見ることが出来ました。子どもも大人もかわいらしい惑星の姿に歓声を上げておりました。期待していた再接近中の火星は上がってくる時間がやや遅く一瞬見えただけと言ったところでしたがまずまずの星の観察会となりました。
 
   
    夏祭り星の観察会―1-       夏祭り星の観察会―2ー

                          (加藤 記)


 8月18日(土)18時から20時30分くらいまで吉ガ沢公園でおもしろクラブ星の観察会が開催されました

当日はうす雲があるもののまずまずの空模様で西の空低く輝く金星、月齢6日あまりの月とそれに寄り添う木星、かわいらしい輪のある土星、遅い時間には東の空低く昇り始めた火星を観察することが出来ました。夏休みのせいもあって大勢の親子ずれの観望者に訪れていただき賑やかな星の観察会となりました。

   
     大人も熱心に観る!           子どもも熱心に観る!

                               (加藤 記)                        


 8月29日今小おもしろクラブ講座"ギロギロレインボーで遊ぼう"と"紙芝居を見よう!作ろう!"が開催されました

 13時30分より多目的室にて"ギロギロレインボー"なる奇妙なおもちゃ作りに子どもたちは挑戦しました。ギロギロレインボーは割り箸にアルミ線を巻きつけ、凸凹を作り、それをもう一つの割り箸でこすると振動で先につけた虹色の円盤が回りだすというもの。皆さん最後まで完成させて虹色の円盤をまわすことが出来ました。虹色の円盤が回るに従って白っぽい色に変化する様子を観察しました。

   
    ギロギロレインボーなるもの?      工作に熱心に取り組む

 一方、和室では"紙芝居を見よう!作ろう!"講座が行われました。はじめに  町田さんが紙芝居で、ずるいオオカミが熊の優しさに感心し、自分も優しいオオカミになった物語を見せてくれました。次に、テーブルごとに小型の紙芝居を自分たちで、読んだり聞いたりしました。読むのは、意外とむずかしそうでしたが、よく頑張りました。また、おもしろクラブのおじさんが昔の紙芝居屋さんの話をしてくれました。そして、最後に「稲むらの火」を見ました。津波が来た時のお話でしたが、町田さんの語りと手作りの絵にひきこまれました。

   
     昔ながらの雰囲気           小型の紙芝居で!!

                     (山田・加藤   記)  



 9月1日(土)今小おもしろクラブ講座"土曜囲碁教室"と"季節の絵(初秋の絵)教室"が開催されました。

 土曜囲碁教室は9時15分から10時30分まで多目的室でいつものように囲碁クラブの方々の指導の下、静かな雰囲気の中で行われました。ここしばらくは将棋の対決も加わり静かな中にも緊張感のあふれる教室となりました。

   
       囲碁教室の風景
          
 引き続き10時40分から11時55分まで同じく多目的室で"季節の絵(初秋の絵)"教室が開催されました。杉谷講師が用意した秋の果物や野菜と言ったモチーフとハガキ大のサンプルの絵を取り囲み、子ども達は一生懸命自分の作品作りに取り組みそれぞれ魅力的な作品を書き上げました。

   
  モチーフとサンプル画を前にして       作品の一例

                          (加藤 記)

 9月12日 今小おもしろクラブ講座"大工道具を使ってみよう"と"紙飛行機を作ろう"と"水曜囲碁教室"が開催されました。
 
 13時30分~14時45分まで多目的室では1~2年生が参加して、講師陣が用意した大工道具、みんな見た事のない道具がたくさんあって興味津々。危険な道具もあるので一人ずつ順番で使ってみたい道具を使うこととした。一番人気があったのが「カンナ」うまくゆく子、ゆかない子カンナは手前に引く力加減を学んだ。二番目の人気者は電動ドリル。順番に木材に穴をあけ、記念におがくずを持ち帰る子が多くいた。その他の道具も何に使うのか又、その使用法を講師に質問する子が多くいた。多少の危険があっても大人の監視のもと子供たちに実際に使わせてみることで子供の成長に繋がる良い講座になった。

   
    講師が用意した各種大工道具     おっかなびっくり手にしてみる

 一方、和室では3~6年生が参加して、割り箸とケント紙で作る紙飛行機作り講座が行われました。ケント紙を印刷された形に切り抜き主翼、尾翼を作り、それぞれ思い思いの彩色を施し、割り箸に固定して出来上がりです。最後は少々時間が不足気味でしたが、みんながんばって完成させることが出来ました。
急遽体育館を使わせてもらうことが出来、試験飛行を楽しむことが出来ました。調整の仕方で飛んだり飛ばなかったり、物作りの難しさを実感することが出来、いろいろ学ぶことが多かった講座となりました。

   
  こんなの作りました     型紙を切る       みんな真剣!!  

 廊下では水曜囲碁教室。囲碁クラブの面々による指導で益々腕を上げている!大勢(26名)の参加で講師陣も手が回りかねる!同時に将棋の手ほどきもしてもらってなかなかの人気!

 
        人気の将棋
      
                        (村上・加藤  記)



 9月22日17時30分~20時まで吉ガ沢公園でおもしろクラブ星の観察会が開催されました。

 うす雲はあるもののまずまずの空模様!!金星は日没とともに早々と西の地平線に近く観測不能!火星、土星、木星は観測の適時期で楽しむことが出来ました。土星のかわいい輪を見て歓声を上げる来場者!実際にこの目で見た星星の美しい姿は感動に値します。より多くの子どもたちにこの感動を味合わせてやりたいと願っております。

    
       大人も覗く!        子どもも覗く!!

                           (加藤 記)



 10月6日今小おもしろクラブ講座"秋の散策:散在ガ池周辺"が開催されました

 9時30分子どもたち7人保護者8人計15人が元気に公園管理棟前に集合しました。講師陣、5名、教委、2名、併せて22名の大部隊となりました。
心配されていた天気も回復。軽い準備体操の後先日の台風でやや荒れたのんびり小路を木々を観察しながらゆっくり進みました。約1時間ほどで公園南口へ到着。その後7丁目まで足を延ばしてナンバンギセルの群落を観察しました。途中住宅街で青大将に遭遇すると言うハップニングがありワイワイガヤガヤ楽しい秋の散策となりました。

   
     出発前のストレッチ         講師の説明に耳をかたむける

   
     青大将のお出迎え!          ナンバンギセルの群生
                      
                            (加藤 記)


 10月10日(水)今小おもしろクラブ講座"草木あそび"と"百人一首で遊ぼう"が開催されました。

 13時30分~14時45分。多目的室では1~2年生が参加しての"草木あそび"。講師陣が用意した秋の野草や木の葉を下に敷き紙に写し取る写し絵作りや折り紙で作った風船にどんぐりの頭をつけた人形作りを行いました。白い紙に浮き上がる木の葉の葉脈に歓声!!色々な色の木の葉の写し絵が出来ました。後半は折り紙で風船を作りそれにどんぐりの頭をつけて人形にするというもの。それぞれユニークな人形を作り上げました。合間には松葉での松葉相撲を楽しむ子も!最後に全員に笹と松葉で作ったバッタをプレゼントするというおまけもつきました。
   
    講師が用意した野草や木の葉       どの葉っぱにしようかな??

 一方、和室では1年生~6年生参加して(5年生は欠席)"百人一首"。学年ごとに島を作り夫々AチームBチームに分かれて50枚ずつ札を並べ、講師からルール説明を受けゲームスタート。1年生は初めての経験するゲームで、札探しに時間が掛かりサポーター頼りも仕方ないところ、一方6年生は上の句を聞いてとれる子もいて次の句の読み上げまで暇があり手持無沙汰。でも時間経過とともに取札の枚数を互いに比べっこ、熱が入ってきて夢中になり楽しそうでした。残念ながら79枚を読み上げたところで時間切れ、みんな名残おしそうに散会しました。次回はグループわけに工夫が必要かも。・・・

   
      百人一首風景A             百人一首風景B  

                         (村上・加藤  記)     
         
                              
 10月21日(日)18時より吉ガ沢公園でおもしろクラブ"星の観察会"が開催されました

 当初予定していた20日(土)は終日好天で期待が高まっておりましたが17時過ぎから天候が急変し18時頃には豪雨に見舞われるという状況で観察会は21日に延期!21日はうす雲はあるものの絶好な観察日和となりました。今回は21日が昔から十五夜(満月)に次いで月見の風習がある十三夜にあたっていたため風情のある"栗名月"(豆名月とも云う)を観察することが出来ました。その他今シーズン最後の観察の機会となる木星、土星、まだまだ元気な火星、他を見ることが出来ました。

  
      暗闇での星の観察会          熱心なお嬢さん!

                             (加藤  記)          

                   

 11月3日(土)今小おもしろクラブ講座"土曜囲碁教室"と"土曜お絵描き教室"が開催されました。

 9時15分~10時30分まで多目的室でいつものように囲碁クラブの方々の丁寧な指導のもとで囲碁教室(将棋も指導するようになった)が実施されました。静かな環境で集中力と思考力が養はれるのでは!?と期待します。

   
      静かな雰囲気!
  

 9時40分~11時55分までおなじく多目的室で土曜お絵描き教室が開催されました。杉谷講師、田中、村上、加藤サポーターの指導の下、本日のモチーフは一寸と予定を変更して"帽子"となりました。
講師が用意した各種帽子(エベレスト登攀記念キャップ、アコンカグワ登攀キャップ、・・・、乗馬用帽子、水兵用帽子、ロッククライミング用ヘルメット、バイアスロン用帽子、国鉄駅長用制帽、等々多数の帽子)!帽子の一般的効用の話の後各自好きな帽子をテーマにハガキ大の絵を描きました。一人で3枚も書く子がいたり、一枚を丁寧に仕上げたり各人各様の絵を描き上げました。 

   
  どの帽子にしようかな           作品の一部

                           (加藤  記) 



 11月14日(水)今小おもしろクラブ講座"色々なコマを作ろう"・"レモン電池を   作ろう"・"水曜囲碁講座"がそれぞれ開催されました。

13時30分~14時40分まで多目的室では根本講師、丸尾、村上・他サポーターの指導で色々なコマ作り教室が開かれました。・・・・・・・
最初に出来上がりのコマを回して見せ、その後材料(正方形にカットした厚紙)を4枚ずつ配布し、それを講師の説明通りの手順でセメダインで貼り付けて行きコマの形は出来上がり、色付けして子供の作業は終了です。その後子供には危険なのでサポーターがコマの中心に穴あけと、軸となる爪楊枝を差し込んでコマは完成です。低学年なのでいつも途中で騒ぐ子がいるのだが、今回は騒ぐ子もなく全員が集中してコマ作りを楽しんでいました。みんなで完成したコマ回し競争をしてチャンピオンが決まりすべて終了しました。

    
先生と一緒にコマ作りを楽しむ子どもたち   先生が作ったこまを見る子どもたち


 和室では加藤講師、長浜、一ノ瀬・他サポーターの指導でレモン電池の実験を行いました。始めに手回し発電機、太陽電池、乾電池でモーターを回したりランプを点灯させる実験を行いました。電気がどうやって出来るかを身をもって体験してもらいました。次に4グループに別れそれぞれレモンや大根に銅板、亜鉛板を差し込んで電池を作りLEDランプを点灯させたり電子オルゴールを鳴らしたりする実験を体験してもらいました。LEDランプが点灯して喜ぶ子、点灯しなくて首をかしげる子などなど。物に触りながら考えるよい機会となりました。

   
   講師によるレモン電池の実演     LEDランプ点いて歓声を上げる


 同じ時間に廊下では25名の参加で囲碁、将棋教室が開かれました。二人ずつ対戦し解らないときは先生の助太刀を呼ぶのですがこの人数になるとあちこちから声がかかり先生方も大忙しでした。ほんの少しずつですが確かに上達していて頼もしいです。

 
   将棋好きが増えてきた様子

                       (村上・吉野・加藤   記)                              
                              

 11月17日(土)16時30分より吉ガ沢公園でおもしろクラブ"星の観察会"が開催   されました。

天気予報に反し綺麗に晴れ渡り絶好の観測日和となりました。早い時間から中天に輝く月齢10日の月、真っ赤に輝く火星、白鳥座のくちばしにある美しい二重星(アルビレオ)も見えました。すばる(プレアディス星団)はまだ高度が低く街灯に阻まれ見れませんでした。もっと高度が上がる来月に期待しましょう。今回は星の映像をパソコンの画面で見る実験も行いました。子どもの来場者が少なく広報に工夫が必要と感じました。

 
    
     暗闇での星の観察会         

                       (加藤  記)                                   
                                   

 11月25日(日)いずみサロンでおもしろクラブお話会"地球温暖化"が開催されま   した

"身近に迫る集中豪雨や巨大台風!原因と我々の対応は?"と副題の付いた地球温暖化についてのお話会が開催されました。初めての若手講師!
目的工学研究所Director48歳、イケメンの安藤正行さん(鎌倉市台在住)。膨大な客観的、科学的データとソフトな語り口で熱く地球温暖化の危機を語る姿に感銘を受けました。今後平均気温上昇を2度C以内に収めなければこの地球が危機的状態になる可能性が高いことがひしひしと伝わるお話会となりました。このテーマは継続的にお話会で取上げていきたいと思っております。

    
 企画立案者の田中氏(左)と安藤講師(右)     掲示板掲示ポスター

                        (加藤  記)


 12/1日(土) 今小おもしろクラブ秋の野外観察教室:”六国見山ハイク”が開催されました。

 9時30分吉ガ沢公園に集まった親子連れ9組は準備体操の後、柴崎リーダー、根本、村上、加藤ほか&教委2名の下、山ノ内登山口から早く歩くグループと植物に興味を持ったグループに分れながらも休憩場所2ケ所では1つになり元気に六国見山ハイクを行いました。途中の畑脇では枯れたオクラの実を採取し来春の種蒔きに期待する子も。間もなく高野台登山口から急登し展望台から薄靄の掛かった富士山も眺め満足。後は一気に高野台奥を経て岩瀬中学校脇に下山。今年は天候変動が激しく花々、樹々とも迷ったらしく桜の花が数輪落花、スミレが数株花を付けていました。ミツマタの蕾などを観察し1,5時間ほどで早目に解散しました。

    高野台登山口で奥のススキを眺めながら休憩  頂上から富士山の頂上が見えたが~
                                      
                             (写真・記事:御法川)








      
                       













   
 

 












 










  












 
 
 

















 





 
 
 



 

  
 

      
















 
 
 













 
 
 





 
 
 





 
 
 










 
 
 


   











 
 
 























 
 
 





















    








 









今泉台町内会館



開館時間
月~金    9:00 ~ 17:00
土      9:00 ~ 12:00

事務所業務・電話受付時間
月~金   10:00 ~ 12:00
      13:00 ~ 16:00
土     10:00 ~ 12:00

〒247-0053
鎌倉市今泉台4丁目6番13号

TEL /FAX  0467-46-4616
imaizumidai4613j@yahoo.co.jp

著作権について

当サイトに掲載された文章・画像・映像等、全てのコンテンツの著作権は今泉台町内会、あるいは寄稿者に帰属します。
当サイトに掲載されているこれらのコンテンツについては、権利者の許可なく複製・転用することを禁止します。

あなたは何番目?




現在の閲覧者数