本文へスキップ


 今泉台町内会ホームページへ
 ようこそ!!

  



増子さん似顔絵 下田常三画


増子節子(ますこせつこ)さん

         

           「生かされる場面に自分を置いておきたい」

増子さんは山形市生まれ。山形県立西高校では合唱部に所属。合唱コンクールの全国大会で2年連続優勝を果たす。歌うことが大変楽しく、ピアノを習っていたこともあり、都内の音楽大学へ進学。

結婚後すぐに住んだのが今泉台。現在はご夫君の仕事の手伝いの為週2〜3回横浜に出かけられる。大学時代に声楽を専攻していた事で依頼を受け、今泉小学校のお母さん方のコーラス指導を足掛け10年された。

また、平成8年から平成18年まで、発起人の一人として「野外コンサート」の開催を支えられた。「地元でコンサートを聴くことが出来たら・・・。」という思いから、緑の木々に囲まれた今泉台六丁目公園を会場に、岩瀬中学校や、大船高校などのブラスバンド部を招致された。
好きなことをやる楽しさの反面、会場整備、椅子や楽器の運搬、ブラスバンド部の後方支援等、裏方の仕事は多忙だった。
10年が一つの節目となりコンサート開催は終了したが、やり切ったという満足感に包まれている。

現在は「今泉台緑のコンサート」のスタッフだ。年2回、町内会館の大集会室を会場にして、様々なジャンルのプロを招いてコンサートを開催。120席余りの会場は、毎回満席となる。
増子さんは段取り、進行、チケットなど全方位に心を配られている。

また住人の手助けをするボランティア団体「今泉台すけっと会」ではコーディネ―タ―を担当。電話を受けると、依頼内容に応じて会員の人選や、連絡など、その仕事は判断力や決断力を必要とする。急ぐ時や、短時間の時などは、増子さん本人が駆けつける事もあるそうだ。

一人暮らしの高齢者の交流支援をするボランティア団体「さわやかピーマン」から依頼があると、町内会館でピアノ伴奏をしながら参加の皆さんと一緒に歌い、和やかな時間を演出される。さらに,長年のお付き合いがあるグループに月2回歌の指導をされている。

町内会の夏祭りでは毎年有志で「焼きそば」を担当。焼きそばは長蛇の列が出来る人気店だ。
「25年続けてきましたが昨年夏、若いグループに良い雰囲気でバトンタッチ出来てとても幸せです。」と満面の笑みで話された。

声がかかると、ボランティア団体「今泉台虹の会」のバザーに助っ人として参加したり、山ノ内にある明月荘の手入れの手伝いをしたり活動は枚挙に暇がない。
増子さんはスケジュールが空いていると依頼を受けてしまうそうだ。

その八面六臂の原動力を訪ねると「自分が楽しくなるためにやっています。生き生きと生かされている場面に自分を置いておきたいの。」「声楽とピアノがあったことで、このように人生に潤いを得ました。音楽大学に行かせてくれた両親に感謝しています。」「今泉台に住んで36年、人生でこんなに長く住んだ町はありません。この街が好きですね。」「完璧主義では無いので、様々のことがやれているのだと思います。健康で長く携われるように努力したいです。」矢継ぎ早に真摯な言葉が返ってきました。

これからやりたいことは?の問いに「今泉台の活気が維持できるように引き継ぎ手を育てたいですね。」自然体で始終笑顔。ヒマワリのように明るく、陽だまりのように暖かいハートをお持ちの素敵な女性でした。

 
緑のコンサートにて

ピーマンコンサートにて


                                    












今泉台町内会館



開館時間
月〜金    9:00 〜 17:00
土      9:00 〜 12:00

事務所業務・電話受付時間
月〜金   10:00 〜 12:00
      13:00 〜 16:00
土     10:00 〜 12:00

〒247-0053
鎌倉市今泉台4丁目6番13号

TEL /FAX  0467-46-4616
imaizumidai4613j@yahoo.co.jp

著作権について

当サイトに掲載された文章・画像・映像等、全てのコンテンツの著作権は今泉台町内会、あるいは寄稿者に帰属します。
当サイトに掲載されているこれらのコンテンツについては、権利者の許可なく複製・転用することを禁止します。

あなたは何番目?




現在の閲覧者数