本文へスキップ


 今泉台町内会ホームページへ
 ようこそ!!

  



柳澤さん似顔絵 下田常三画

  柳澤一雄(やなぎさわ かずお)さん
      


           「自作の無線機で世界の仲間と交信」

 中学時代に知ったアマチュア無線(ハム)が少年の夢を育んだ。日本全国はもちろん、外国のハム局とも交信できた。昭和30年代後半、まだまだ外国へは気楽に行けない時代に、自分の目で外国を見たい、外国を肌で感じたいと思うようになった。そして、大学を卒業した柳澤一雄さんは商船(外航貨物船)の無線通信士となり、約20か国を巡った。

柳澤少年は駄菓子屋によく通った。キャラメルの箱にカードが入っていて、10枚ためると鉱石ラジオキットがもらえるのだった。父に「ハンダゴテ」を買ってもらってラジオを組み立て、飛んで来る電波をキャッチし、イヤホンからラジオ放送を聞いた。鉱石ラジオは電池もなく電灯線にもつながっていないのに「なぜ聞こえるのだろう」という疑問と好奇心はどんどんふくらんだ。そして、中学生のころには図書館で「どうして?」を調べ、物理部電気班に入部した。真空管を使ったアンプやラジオを作ったりしているうちに、「ハム」の存在と「秋葉原」を知り、ますます電波の魅力に取りつかれた工学少年は、大学では無線通信を勉強した。


無線室で当直中(1970年 24歳)

卒業してから船舶無線通信士となり商船に乗り込み、ハワイ、アメリカ本土、アラスカ、中南米諸国、フィリピン、パナマ運河を経由してヨーロッパ諸国などへの航海を経験した。大海原での無線室が仕事場だった。無線室は船の一番上にあり、万一の場合に、遭難通信(SOS)を行う役目も担っている。現在のように人工衛星なども無かった時代、船と陸上との間の情報のやり取りは、モールス通信が唯一の手段であり、「職人技とも言える早さと正確さ」が必要だった。無線室で当直中の柳澤さんの写真がアルバムにきちんと整理されている。

柳澤さんは、26歳で船を降りたが、GPSなどの人工衛星を利用した通信手段が整備されている現在では、一部の漁船などを除き国際航海を行う船にモールス信号を扱う通信士は乗っていないという。
また、柳澤さんは大変話上手だ。日露戦争でのモールス通信による「敵艦見ゆ」、タイタニック号沈没(海上におけるSOS遭難通信制度の始まり)、そして、北太平洋にあるという低気圧の墓場の話など、息もつかせぬ熱弁には引き込まれる。

船を降りてから、国の電波監理行政を担当する公務員として長く活躍された柳澤さんは、その後、無線関係の公益法人の専務理事などを勤められた。悠々自適の今、個人を特定する「コールサイン」を名刺代わりに、キング・オブ・ホビーと言われるアマチュア無線を世界中の仲間と楽しんでいる。もちろん無線機はハンダゴテを使って自分で作ったものだ。



町内会館防災準備室にて

無線はGPSや携帯が使えない非常時でもほんの少しの電力で世界中とつながる。東京都ご出身の柳澤さんは今泉台に住んで約40年、今泉台アマチュア無線クラブの一員として、また、鎌倉市のアマチュア無線非常通信協議会の役員として、防災活動に貢献していらっしゃる。
              (2016年6月)



今泉台町内会館



開館時間
月〜金    9:00 〜 17:00
土      9:00 〜 12:00

事務所業務・電話受付時間
月〜金   10:00 〜 12:00
      13:00 〜 16:00
土     10:00 〜 12:00

〒247-0053
鎌倉市今泉台4丁目6番13号

TEL /FAX  0467-46-4616
imaizumidai4613j@yahoo.co.jp

著作権について

当サイトに掲載された文章・画像・映像等、全てのコンテンツの著作権は今泉台町内会、あるいは寄稿者に帰属します。
当サイトに掲載されているこれらのコンテンツについては、権利者の許可なく複製・転用することを禁止します。

あなたは何番目?




現在の閲覧者数